カテゴリー「アウトドアスポーツ」の7件の記事

2007年7月 9日 (月)

釣りと鍾乳洞と温泉

Nec_0001本日は一日中
遊び倒してきました。
最初は奥多摩へ行こうとか
なんとか言ってたんだけど、
いつの間にか目的地が変わり、
秋川渓谷に到着。

そう、今日は基本的には
ノープランの休日。

釣りをする場所も
現地で聞き込みをしながら
探しました。
本格的に釣りできる装備も心構えもなかったので(笑)
釣堀で済ませることに。
宝沢マス釣り場という所。
釣果はニジマス4匹、ヤマメ1匹(ほぼ入れ食い状態)

その場で焼いてもらい、食べてみましたが、それはそれは旨いこと。
あっという間に平らげ、魚しか食べてないのにお腹いっぱい。

食後の運動ってことで今度は大岳鍾乳洞へ。
プチケービングが楽しめる正統派鍾乳洞って感じでした。
普通の服装でも行けるけどサンダルとかじゃ無理だね。
狭くて細い洞内はほとんど腰かがめた状態で20分~30分
歩くことになります。
ちなみにここは天然記念物。
貴重な自然を傷つけぬように気をつけよう。

Nec_0005

さて、締めはやっぱり
温泉ですね。
秋川渓谷 瀬音の湯
できたばかりということで
きれいで宿泊施設も整った
温泉施設です。
硫黄の含まれた泉質のお湯に
浸かり、秋川の山を眺めながら
疲れを癒して、帰路へ。

あ~遊んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

今年も夏が楽しみだ!

冒険部局長は早くも大冒険祭り!!!の準備に取りかかっております。

ついに(やっと?)タープを買いました。
今までスクリーンテントタイプのタープは持ってたけど
4人用で大勢でBBQするには不向きだったんだよね。

最初買おうとしたタープにはネームを入れられるということで
そりゃもちろん冒険部のロゴを入れなきゃ!と買う気満々だったんだが、
収納時のサイズがデカ過ぎてキューブに入んないことが判明。
泣く泣く断念。

そこで収納時もコンパクトのヘキサゴンタイプのタープにしました。
早くこのタープの下で冒険部メンバーとBBQがしたいものです。
それにしてもロゴ入れたかったなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

コウモリ洞穴

Dscn0936西湖の西南を走っている
時に見つけたのが
この西湖蝙蝠穴。

せっかくなので入ってみました。
入口でヘルメットを借りて
洞穴に突入。
気分は「川口○探検隊」
所々身をかがめながら
奥へ奥へと進んでいきます。

さぁ果たして本当に存在するのか!?
巨大コウモリ!

なんて期待したものの、
一匹のコウモリにも遭遇せず。。。
残念。
そりゃこんなに大勢、人がいたら逃げ出すわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

雨とカヌーとアウトドアをこよなく愛する人達

2006_918_1154最近の冒険部は
(っていうか俺は)
雨によくたたられる。

この日も雨。
でもやってきたよ、カヌー。

朝起きて、絶対中止だろうと
思っていたら、誘って下さった人
から「今日やります!」との連絡。

大雨の中、家を出て集合場所につく頃にはびしょ濡れ。
一応雨は止んだけど、やるかどうかはまだ半信半疑。

2006_918_1043それでもカヌー7艘を車の上に
載せ、(よく載ったもんだ)
多摩川の稲田堤へ。

着くとまた雨が降り始める。
とりあえずタープを張り、
その中でBBQの用意。
ビックリしたのは充実した道具や
食器の数々。
30人分のBBQにも対応できるそうな。冒険部も見習わなくては…。

雨が弱まるまではBBQで腹ごしらえ、と思ったけど、
イイ感じにほろ酔い加減。
もうこのままBBQだけでいいかなと思い始めたところ、
雨が止んできたのでその隙にいよいよ初心者のためのカヌー教室開講。
カウボーイハットのよく似合う先生にかなり本格的に
教えていただきました。

雨も止み、晴れ間も覗くようになったので
ついにみんなで実際にカヌーに乗ることに。
2006_918_1632_1まずは下流に向かって
漕ぎ出しながら
陸で習ったことを復習。
流れに乗って進む時は
良かったが、
引き返す時は大変。
全然進まない。
カヌーはクルクル回るし、
水は入ってくるわで一度あまりに浸水したため、
やむなくヤドカリの引越しの如くスルリとボートから緊急脱出。
水深が腰下ぐらいでよかった。
その後も四苦八苦しながら上流に向かって漕ぎ、
橋の下を折り返して、陸へ引き返す。

陸に上がり、再びBBQで舌鼓を打っていたけどこれで終わるのは
もったいないので、すぐにまた川へ戻って再練習。
すると今度は慣れてきたみたいで割りとスイスイ進めるじゃない。
最後は後ろ向き駐車(接岸?)まで覚えてカヌー終了。
まぁ漕いでる間に焼かれていた高級肉を全部食べられる前に
戻ろうと必死だったってこともあるけどね。

その後は旬のサンマを食べたり心置きなくBBQに没頭。
最後は午前中の悪天候が嘘だったかのような綺麗な夕焼けを
拝んで解散。

今日一緒に過ごした人達は皆年代もバラバラ、
だけど時間を有意義に楽しく過ごしたいっていう考え方は一緒。
初対面なのにみんな笑って打ち解けて
こんなに楽しめました。また来年も集まってカヌーやりたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月14日 (金)

ディープダイビング

20051014_1554今日行ったのは西伊豆の方、沼津市は大瀬崎というところ。
東京から3時間くらいでちょっと遠いけど、ダイビングショップのツアーなので運転は人まかせ。
だからずっと寝てた。冒険部の時と違って楽でイイ。

目が覚めたら目の前に海とその先に富士山が大きくそびえていた。
それよりなにより暑い。出かけてくるときは寒かったのに、伊豆はまだ夏なのか?
ツアーの他の人達は皆ドライスーツだったが、この気候だったらウェットスーツでも十分。実際水温は22℃。

20051014_15541今まで水深10mくらいまでしか潜ってなかったが、今日はいきなり1本目で20m弱の深さまで行ってみた。
透明度はそんなに良くなかったんだけど、ミノカサゴやイシダイ、タカノハダイ、ヒメジなどいろんな魚が泳いでいる姿を見ることができた。

午後になってからは今度は外海のほうまで出てみることに。
下の写真のさらに奥、富士山がもっと眼前に見えるところでエントリー。

海底の斜面に沿ってゆっくり潜っていくと今度はタカベやクマノミ、
さらにはブリまで泳いでいるではないか。

水深は24m、ここで一回全員集合。8人くらいで行っていたんだが、
数えてみると一人足りない。
あれ?皆でキョロキョロしてからもう一回数えてみる。
あれ?今度はもう一人いなくなってる。
バディや仲間とはぐれた時は海面へ浮上することになっているのでとりあえず周りを見ながら浮上することに。

ところで、さっきから少し息苦しくて呼吸回数が増えている。
残圧計を見てみるともうすぐ残圧50bar。
えっ?こんなに減ってていいのか?ちょっと焦りながら浮上。

海面に顔を出すと遥か遠くにはぐれた二人が波間に漂う姿が。
どうやらBCに空気を入れすぎて浮力が上がりすぎたところを水流に流されたらしい。

全員無事にエキジットできて良かった。ディープダイビングはなかなかスリリングだな。
でも、これこそ冒険という気がする。

今年はもう潜れないかもしれないけど来年はたくさん潜りに行こう。
さぁ、これからの季節はいよいよスノボだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

Cカード取得

本日、ダイビング2回目の海洋トレーニング受講。
前回と同じ東伊豆の福浦にて。

10月に入り、水温も低くなってるかと思いきや、
全然冷たさを感じず、むしろ温かいくらい。
これなら10月いっぱいは余裕で入れそう。

この前より周りを見渡す余裕が出てきているので
浮力に気を使いながらどんな魚が泳いでいるかチェック。
でも、あいかわらず魚の名前は覚えられない。

そしてようやくダイバーとしての第一歩、
オープンウォーターの資格を取得。

少しずつ時間を見つけては講習を受けるという感じだったので
思いがけず時間がかかったが、これからもちょっとずつ経験を積んで
冒険ダイ部を大きくしていこう。

来週はディープに挑戦だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月)

初ダイビング

2005_912_859冒険部に新たな活動メニューを加えるべく、ダイビングに必要なCカード取得のため海洋実習で東伊豆の福浦というところに初めてのダイビングに行ってきた。

海は穏やかで潜りやすく、透明度はそうでもなかったけどかなり楽しめた。

水中で一定の浮力を保つ、いわゆる中性浮力ってやつを維持するのがけっこう難しかったが、慣れてくるとスイスイ泳げるようになる。

魚もいっぱい見れた。
といっても魚の名前に疎い自分は陸に上がってから種類を聞いて、ほぅほぅと思ったぐらいなのだが、中でも魚の大群が海中に差し込む太陽光に体をキラキラと反射させながら泳いでるのを見たときはかなり感動した。
後から聞いたらそれはイワシの群れだったらしい。珍しい魚ならともかく何の変哲もない“魚”へんに“弱い”と書いて「鰯」にここまで感動させられるとは思わなかった。

早く自由に潜れるようになりたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)