カテゴリー「映画・テレビ」の15件の記事

2008年9月 5日 (金)

映画「20世紀少年 第1章」

ジャガジャーン! ジャガジャーン! 
ジャガジャージャジャジャジャージャジャジャジャーン!

原作と同じように早く続きが見たいと
思わせる作り方はさすが!
第2章、第3章が楽しみだ。

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス) 20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)

著者:浦沢 直樹
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

マジックアワー

Nec_0054川崎のラゾーナで
映画「マジックアワー」を
見てきた。

まるで家にいる時みたいに
大笑いできる映画。

全く関係ないけど
俺、ぴょんぴょん舎の
盛岡冷麺が大好きなんだよね。
ラゾーナのフードコートにも
お店があるので、この日も
食べてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

アース

どうせ観ながら途中で寝るだろう。
それでもいいや。
ゆったりシートに座りながらきれいな映像と音楽で
気持ちよく眠りにつければ心の疲れも取れるかもと
思って観た映画「アース」。

とんでもなかった!

約100分間、寝てる暇なんてない。
最初から最後までスクリーンに釘付け。

北極から南極、砂漠にジャングル、ヒマラヤの山々から深海まで
地球のあらゆる場所で無数の動物たちが厳しい四季の変化に
耐えながらたくましく生きていく姿を様々な…云々。。。

なんて、面倒くさい説明は無用。
とにかく観れば圧倒される
ドラマチックな映像。
それにしてもよく撮れたなー。
むしろCGで作りましたって
言われたほうが自然と思ってしまうほど、
どうやって撮影されていたのか不思議。
そのくらい動物たちが近くにいる感覚。

家の小さいテレビで観なくてよかった。
やっぱ観るなら大画面。
気分もリフレッシュ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

ALWAYS 三丁目の夕日

金曜ロードショーで観ました。

古き良き時代とは言うけれど、確かにこういう時代があったんだろうな。
この時代を生きていたわけじゃないのになぜか心の中にスーッと
入ってきて心地よさがいつまでも残る本当にいい映画でした。

昭和33年から50年近く経って、街並みはずいぶん変わったけど
それを照らす夕日は変わらない。そう思うとホッとします。
どんな時代になろうとも今を精一杯生きようっと。

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 DVD ALWAYS 三丁目の夕日 通常版

販売元:バップ
発売日:2006/06/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

ナチョ・リブレ

B000gca5ys01a1ndbs7ygopbd6_scmzzzzzzz_どんなに馬鹿にされても

どんなに笑われても

大事なものを守るために

闘うヤツはカッチョイイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

UDON

CMでも言っているとおり、この映画は空腹のときに観ないほうがいい。

劇中何度も登場するキラキラ輝く白い麺。釜から上がる白い湯気。
用心して事前におにぎりを食べてから観たのだけれど
映画が終わる頃には胃袋が「早くうどんをよこしやがれ!」と大暴れ。
当然のようにうどん屋へ直行。

うどんが大好きになりました。単純なもので。
いつか讃岐のうどん屋を巡る自転車の旅をしてみようか。
自転車で走る時のエネルギー補給には
炭水化物のうどんがちょうどいいし。

いけね、また自転車の話だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

「逃亡者 木島丈一郎」

踊る大捜査線からのスピンオフ映画「交渉人 真下正義」から
さらにスピンオフされて生まれたTVドラマ「逃亡者 木島丈一郎」

「交渉人…」の時から強烈な印象で、もっと見てみたいと思ってた
キャラクターだけにかなり楽しませてもらった。
シリーズお馴染みのリンクネタは今回も健在。
見つけると思わずニヤケてしまう。

ここまできたら次は「容疑者 室井慎次」の工藤刑事(哀川翔)が
主役の話が見てみたいかな。

それか爆発物処理班班長が個人的にはけっこう好きなので
見てみたいかも。
「交渉人…」のワンシーンで自分の水筒に思いっきり「班長」って
書いてあったのがかなりツボでした。
確か役名がまだないんだよね。だから見てみたい。

踊るレジェンドはまだまだ続きそうだ。

交渉人 真下正義 プレミアム・エディション (初回限定生産)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月13日 (水)

お宝映像

注意!この記事は「スターウォーズ・ジェダイの復讐」を見たことのある方、もしくはスターウォーズにはまったく興味のない方のみご覧ください。ネタバレしてしまう文章が含まれています。

続きを読む "お宝映像"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月11日 (月)

スターウォーズ エピソード3

2005_712_1757ついにシリーズ完結。
それにふさわしい最高傑作でした。

大部分を占める戦闘シーンでのジェダイ達のライトセーバー捌きは息を呑むばかり。
夢の対決も見れたし、ダースベイダー誕生までの過程で今まで漆黒のマスクに隠れて見えなかったベイダーの感情面も捉えることができた気がする。
初めてダースベイダーを人間として見れた。
スターウォーズファンとしては長年、想像するしか
なかったサーガの最後の断片を見ることができて
感無量です。

いや、もっと見たい!エピソードⅦ、Ⅷ、Ⅸやってくれませんかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 9日 (土)

ジェダイnight

2005_710_2136SF映画の金字塔「スターウォーズ」を全作夜通しで見るという無謀な上映会。
もうすでに何回も見たことがある俺はジェダイマスターとしてパダワン(弟子)2人に解説をしながら鑑賞。

始めに三部作を見たのだが、何をするにもアルコールが手放せない3人。
もちろん飲んだくれながら見ているので、2作目の「帝国の逆襲」を見てる時に早くもダークサイド(暗黒面)に支配され、皆揃ってプシュ~コォ~ゥと寝息を立て就寝。

その後フォースの導きにより、なんとか目を覚まし、
ファンの間でシリーズ最高傑作と謳われる「帝国の逆襲」の続きを見る。
複雑な運命が絡み合う壮大なスターウォーズサーガの世界観に
徐々に引き込まれていく若きパダワン達。

「ジェダイの復讐」を見終わったときにはすでにお昼を過ぎていて、俺は仕事の為ここで離脱。あとはこれからEP1とEP2を見るパダワン達が立派なジェダイナイトに成長してエピソード3を観に行ってくれることを祈るばかり。

この上映会の結末は友近T塚のPure Lifeのブログにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧